イキトセレクトにようこそ! 店主の廣田です。
当店では私のお気に入りの商品だけを少しづつ集めて紹介しております。
通販バイヤー歴20年超の目にかなったモノしかありません!

2017年 12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
今日
2018年 01月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
 
 
 
 
 


身体を温めることの大切さ
 

				
				

身体を温めることは人にとって大切なことですし、健康維持にも繋がります。血液の流れが良くなると代謝も上がり、内臓や筋肉への酸素供給や栄養補給も増加します。さらに、腎臓や肺からの老廃物の排泄作用が促されます。

その結果として血液が浄化され、疲労などを回復し、病気予防に繋がります。また、血流促進や温熱効果によって白血球の免疫機能が促進され、あらゆる病気の予防や改善に繋がります。

つまり、常日頃から身体を温める工夫をしておくことで、病気を防ぎ、改善することができるのです。

では身体を温める為には、どのようなことを行えばいいのか考えましょう。


■身体を温める方法


この方法は大きく分けて3つあります。

その1つに、運動が挙げられます。足腰の衰えは万病の原因ともいわれており、下半身の筋肉量が落ちてしまうと前身の血液が上半身に集中してしまいます。人体にとって最大の発熱器官は筋肉で、その筋肉の7割以上が腰から下にあります。なので、足腰を鍛えることで身体が温まり、健康的になれるそうです。下半身を使う運動を適度に行うことは健康維持に最適です。歩くことが少ないという方は、その辺を意識して歩くようにしましょう。

2つ目は食事です。身体を温める効果のある食材は様々です。運動に比べると必ず毎日することですので、継続が比較的簡単です。ほとんどの漢方にも使われている生姜などは、身体を温めてくれるだけでなく、すべての臓器を活発にしてくれる作用があります。なので、生姜を使った料理はおすすめです。

3つ目に入浴です。おへそから下の半身浴は血液の循環を良くし、自律神経の働きを活性化させます。ぬるま湯、お湯と交互に浸かることも効果的といわれています。そうすることでお風呂から出た後も長時間に渡り、温かさを維持できます。


■身体を温めるための知恵


サンルミエ 暖房器具などを使わずして、身体を温めることができます。

例えば、湯たんぽや5本指の絹靴下、マフラーを使用することです。
冷え性などでお悩みでしたら、ぜひ取り入れてください。

しかし、暖房器具を使いたいという日もあるはずです。そのようなときは、遠赤外線暖房の*サンルミエ*(キュート・800SD)を是非ご利 用になって下さい。



ページトップへ